心の澄むものは

心(こころ)の澄(す)むものは、秋は山田(やまだ)の庵毎(いをごと)に、鹿(しか)驚(おど)かすてふ引板(ひた)の声(こゑ)、衣(ころも)しで打(う)つ槌(つち)の音(おと)。

-- 梁塵秘抄 332 --

IMG_20210412_172622.jpg