直(すぐ)なるものはただ連柵(からさを)や、箆竹(のだけ)假名(かんな)のし文字、今年(ことし)生(は)えたる梅楚(むめずばへ)、幡桙(はたほこ)刺鳥竹(さとりだけ)とかや。

-- 梁塵秘抄 435 --

IMG_0384usagi.jpg


池の涼(すず)しき汀(みぎは)には、夏のかげこそ無かりけれ、小高き松を吹く風の、声も秋とぞ聞(きこ)えぬる。

-- 梁塵秘抄 434 --

matubokkuri.jpg


松の木蔭(こかげ)に立ち寄りて、岩(いは)もる水(みづ)を掬(むす)ぶまに、扇(あふぎ)の風も忘られて、夏なき年とぞ思(おも)ひぬる。

-- 梁塵秘抄 433 -

IMG_0373ランチ.jpg


春の初(はぢめ)の歌枕(うたまくら)、霞(かすみ)鶯(うぐひす)帰(かへ)る雁(かり)か、子(ね)の日(び)青柳(あをやぎ)梅(むめ)桜(さくら)、三千年(みちとせ)になる桃(もも)の花。

-- 梁塵秘抄 432 --

DSC_0004ume.jpg


讃岐の松山に、松の一本(ひともと)歪(ゆが)みたる、捩(もぢ)りさの捩(すぢ)りさに、そねうたるかとや、直島(なをしま)の、さばかんの松をだにも直(なを)さざるらん。

-- 梁塵秘抄 431 --

IMG_0385kazari.jpg


父の喜寿のお祝い。塩田温泉でするものと思っていたら、御津でした方向逆やん。

IMG_0407kijyu.jpg


今日は香寺福崎方面にいます。夢酔庵は留守です。

IMG_0200tuneya.jpg


なんとも困った。終わらない。

IMG_0360syukaido.jpg

写真は噂の秋海棠。