冠者は妻設に来んけるは

冠者は妻(め)設(まうけ)に来(き)んけるは、かまへて二夜(ふたよ)は寝(ね)にけるは、三夜(みよ)といふ夜(よ)の夜半(よなか)ばかりの暁(あかつき)に、袴(はかま)取(とり)して逃げにけるは。

-- 梁塵秘抄 340 --

IMG_20210409_142006.jpg