我をたのめて来ぬ男

我(われ)をたのめて来(こ)ぬ男(をとこ)、角(つの)三(み)つ生(お)いたる鬼(をに)になれ、さて人に疎(うと)まれよ、霜(しも)雪(ゆき)霰(あられ)降る水田(みづた)の鳥となれ、さて足(あし)冷(つめた)かれ、池の萍(うきくさ)となりねかし、と揺りかう揺り揺られ歩(あり)け。

-- 梁塵秘抄 339 --

IMG_20210410_141241.jpg