天魔が八幡に申すこと

天魔(てんま)が八幡(やはた)に申(まう)すこと、頭(かしら)の髪(かみ)こそ前世の報(ほう)にて生(を)いざらめ、そは生(お)いずとも、絹葢(きぬがさ)長幣(ながぬさ)なども奉(たてまつ)らん、咒師(ずし)の松犬(まついぬ)とたぐひせよ、しないたまへ。

-- 梁塵秘抄 337 --

IMG_20210310_131102.jpg