大峯通るには

大峯(おほみね)通(とを)るには、仏法修行する僧ゐたり、唯一人(ただひとり)、若や子守(こもり)は頭(かうべ)を撫でたまひ、八大童子は身を護る。

-- 梁塵秘抄 299 --

DSC_0012ushi.jpg