毘盧の身土のいやしきを

毘盧(びる)の身土(しんど)のいやしきを、凡下の一念こえずとか、阿鼻(あび)の依正(えしやう)の卑(いや)しきも、聖(ひじり)の心に任(まか)せたり。

-- 梁塵秘抄 214 --

DSC_0003tatsunomachiya.jpg