眉の間の白毫の

眉の間の白毫の、一つの相を想ふつべし、須弥(すみ)の量(はかり)を尋(たづ)ぬれば、縦横八万由旬なり。

-- 梁塵秘抄 044 --

IMG_20190621_140917.jpg