頭にあそぶは文の鳥

頭(かうべ)にあそぶは文(ふん)の鳥(とり)、沖(おき)の浪(なみ)をこそ数(かず)にかけ、数(かず)とすれ、や、浜(はま)のまさごは数しらず、や、せはすの願(ねがい)は満ちぬらむ。

-- 梁塵秘抄 346 --

IMG_20210422_132944.jpg