山の調は桜人

山の調(しらめ)は桜人、海の調(しらめ)は波の音、又島廻るよな、巫女(きね)が集(つど)ひは中の宮、化粧(けさう)遣戸(やりど)は此処(ここ)ぞかし。

-- 梁塵秘抄 323 --

IMG_20210315_090953.jpg