三身仏性玉あれど

三身仏性玉(たま)あれど、生死の塵(ちり)にぞ汚(けが)れたる、六根清浄得て後(のち)ぞ、ほのかに光(ひかり)は照(て)らしける。

-- 梁塵秘抄 137 --

DSC_0022hitsuji.jpg