天魔(てんま)が八幡(やはた)に申(まう)すこと、頭(かしら)の髪(かみ)こそ前世の報(ほう)にて生(を)いざらめ、そは生(お)いずとも、絹葢(きぬがさ)長幣(ながぬさ)なども奉(たてまつ)らん、咒師(ずし)の松犬(まついぬ)とたぐひせよ、しないたまへ。

-- 梁塵秘抄 337 --

IMG_20210310_131102.jpg


百日百夜は独り寝と、人の夜夫(よづま)はいなじせうに、欲しからず、宵より夜半(よなか)まではよけれども、暁(あかつき)鶏(とり)鳴けば床(とこ)さびし。

-- 梁塵秘抄 336 --

IMG_20210410_141235.jpg


思(おも)ひは陸奥(みちのく)に、恋(こひ)は駿河(するが)に通(かよ)ふ也、見初めざりせばなかなかに、空に忘れて已(や)みなまし。

-- 梁塵秘抄 335 --

IMG_20210410_150743.jpg


常(つね)に恋(こひ)するは、空には織女(たなばた)流星(よばひぼし)、野辺(のべ)には山鳥(やまどり)秋は鹿(しか)、流(ながれ)の君達(きうたち)冬は鴛鴦(をし)。

-- 梁塵秘抄 334 --

IMG_20210410_151408.jpg


心の澄(す)むものは、霞(かすみ)花園(はなぞの)夜半(よは)の月、秋(あき)の野辺(のべ)、上下も分かぬは恋(こひ)の道(みち)、岩間(いはま)を漏(も)り来(く)る瀧(たき)の水(みづ)。

-- 梁塵秘抄 333 --

IMG_20210411_095527.jpg


心(こころ)の澄(す)むものは、秋は山田(やまだ)の庵毎(いをごと)に、鹿(しか)驚(おど)かすてふ引板(ひた)の声(こゑ)、衣(ころも)しで打(う)つ槌(つち)の音(おと)。

-- 梁塵秘抄 332 --

IMG_20210412_172622.jpg


をかしく舞ふものは、巫(かうなぎ)小楢葉(こならは)車(くるま)の筒(どう)とかや、平等院なる水車(みづぐるま)、はやせば舞い出(い)づる螳螂(いぼうじり)蝸牛(かたつぶり)。

-- 梁塵秘抄 331 --

IMG_20210410_141310.jpg


よくよくめでたく舞ふものは、巫(かうなぎ)小楢葉(こならは)車(くるま)の筒(どう)とかや、やちくま侏儒(ひき)舞手(まひて)傀儡(くぐつ)、花の園には蝶(てう)小鳥(ことり)。

-- 梁塵秘抄 330 --

IMG_20210409_133924.jpg


筑紫(つくし)なんなるや、唐(もろこし)の金(かね)、白ろといふ金(かね)もあんなるは、ありと聞く、それを合(あ)せて造(つく)りたる、阿古屋(あこや)の玉壺様(たまつぼやう)かりな。

-- 梁塵秘抄 329 --

IMG_20210404_101439.jpg


筑紫(つくし)の門司(もじ)の関(せき)、関の関守(せきもり)老(お)いにけり、鬢(びん)白し、何とて据(す)ゑたる関の関屋の関守なれば、年の行(ゆ)くのをば留めざるなん。

-- 梁塵秘抄 328 --

IMG_20210407_051435.jpg