嵯峨野の饗宴(けうえん)は、山(やま)たうかつらまうまう車田(くるまだ)、二条河原(にでうかはら)、亀山(かめやま)法輪(ほうりん)や、大堰川(おほゐがは)、淵々(ふちふち)風(かぜ)に神(かみ)さび松尾(まつのを)の、最初(さいそ)の二月(きさらぎ)の初午(はつむま)に富(とみ)配る。

-- 梁塵秘抄 308 --

DSC_0008hatumoude.jpg


何(いづ)れか法輪へ参(まい)る道(みち)、内野(うちの)通(どほ)りの西の宮、それ過ぎて、や、常盤林(ときはばやし)の彼方(あなた)なる、あいあい行流(なが)れ来(く)る大堰川(おほいがは)。

-- 梁塵秘抄 307 --

DSC_0011isidan.jpg


レーザー刻印機、いよいよ始動! なかなかいい感じです。

DSC_0007kokuin.jpg


聖(ひじり)の好(この)む物(もの)、木(き)の節(ふし)鹿角(わさづの)鹿(しか)の皮(かは)、蓑笠(みのかさ)錫杖木欒子(もくれんじ)、火打笥(ひうちけ)岩屋(いはや)の苔(こけ)の衣(ころも)。

-- 梁塵秘抄 306 --

DSC_0010ushi.jpg


冬は山伏(やまぶし)修行せし、庵(いをり)とたのめし木(こ)の葉(は)も、紅葉(もみぢ)して散り果てて、空さびし、褥(にく)と思(おも)ひし苔(こけ)にも、初霜雪(はつしもゆき)降り積みて、岩間(いはま)に流(なが)れ来(こ)し水(みづ)も、氷(こほり)しにけり。

-- 梁塵秘抄 305 --

DSC_0021kinoyama.jpg


峯(みね)の花(はな)折(を)る小大徳(こだいとく)、面立(つらだち)よければ裳袈裟(もげさ)よし、まして高座(かうざ)に上(のぼ)りては、法(のり)の声(こゑ)こそ尊(たうと)けれ。

-- 梁塵秘抄 304 --

DSC_0032シュークリーム.jpg


柴(しば)の庵(いをり)に聖(ひじり)おはす、天魔はさまざまに悩(なや)ませど、明星漸(やうや)く出(い)づる程(ほど)、終(つひ)には随(したが)ひ奉(たてまつ)る。

-- 梁塵秘抄 303 --

DSC_0028rosutobi-hu.jpg


緊急事態宣言のため2月7日に予定していた夢酔庵の楽市楽座は中止します!

ご了承よろしくお願い致します。

DSC_0027yama.jpg