タグ「zau」が付けられているもの

龍野観光駐車場の付近でタヌキが撥ねられていたので、車を脇に置いて段ボールで横にのけてやろうとしたけれど、そこにトラックが来て轢いてしまうし、ふと見るとタヌキをよけようとした人が事故をおこしているし、タヌキはトラックのせいで内臓が飛び出してしまって段ボールにうまく収まらないし、また余計なことをしてしまったと途方に暮れているとそこに警官が来たので、段ボールを進呈してすべてお任せして、ようやく何となく解放された気になりましたが、タヌキは轢かれて可哀想だし、私としては、ともかく段ボールは車に積んでおかなくちゃいけないなあというところです。

DSC_0009菖蒲谷.jpg

写真は菖蒲谷。


今日はZOOM会議が立て続けにあって、なんたること。

まあ、身柄を拘束されるよりいいかな。

DSC_0007syoubudani.jpg


雨の日は猫のアパートで遊ぶにゃあ。

最上階はポニョ姐さん。三階はゴマちゃん。

DSC_0002nekoapat.jpg


ホームページの証明書を更新するようお知らせが来たので更新して、ついでに証明書も貼り付けました。

homepagehyoushi.jpg

トップページを開いてクリックすると証明書が見られます。


日光浴をすると、ビタミンDが体内にできて、免疫力が高まり、新型コロナ対策にいいらしいです。免疫力が高ければ、新型コロナも強い風邪程度の症状で収まるようです。日焼け止めはあんまりおすすめじゃないらしい。

DSC_0002akaihana.jpg


コロナ対策のひとつとして野菜スープが役立つと熊本大学名誉教授の前田浩教授が書かれていました。

前田教授はがん治療の専門家でノーベル賞候補にも挙がっている方です。

教授曰く、体内にウイルスや細菌が侵入してインフルエンザなどの感染症が起こるが、本体を死に至らしめるのはこの病原体の働きではなく、逆にこの病原体を倒そうと白血球が作り出した活性酸素のしわざだった、ということです。実験マウスはウイルスに感染したけれど、死んだとき、体内にウイルスは全く存在しなかったそうです。ウイルスを退治するため大量の活性酸素が肺にできて、それで肺炎が起こり死んでしまったそうです。ウイルスはあくまで引き金で、本当に怖いのは活性酸素であるようです。

では、活性酸素を中和させるにはどうするべきかというと野菜スープをとるのが良いそうです。野菜の中には抗酸化物質(ファイトケミカル)というものが含まれていて、これが活性酸素を中和し消去してくれるそうです。ただ抗酸化物質は生のままかじっても固くてなかなか摂取できないそうです。鍋に入れてグツグツ茹でてスープにするのが効果的だそうです。生野菜とスープでは、抗酸化物質の効力は10から100倍、強くなるようです。

また野菜スープには善玉菌を増やし免疫力を高める効果もあるそうです。腸内の善玉菌を整えて免疫力を上げつつ、抗酸化物質で活性酸素を中和する。ダブルの効果で野菜スープは感染症対策になるようです。

昨日、そう教えてもらったので、野菜スープを作ってみました。ちゃんとしたレシピのではなく自己流のんでしたが、おいしかったですよ。

DSC_0003tatunojyo.jpg


資料に使っている日本書紀が先日から行方不明。どこにいったのかな。変だなあ。

DSC_0008unryuin.jpg