タグ「zafu」が付けられているもの

雨の日は猫のアパートで遊ぶにゃあ。

最上階はポニョ姐さん。三階はゴマちゃん。

DSC_0002nekoapat.jpg


ホームページの証明書を更新するようお知らせが来たので更新して、ついでに証明書も貼り付けました。

homepagehyoushi.jpg

トップページを開いてクリックすると証明書が見られます。


日光浴をすると、ビタミンDが体内にできて、免疫力が高まり、新型コロナ対策にいいらしいです。免疫力が高ければ、新型コロナも強い風邪程度の症状で収まるようです。日焼け止めはあんまりおすすめじゃないらしい。

DSC_0002akaihana.jpg


コロナ対策のひとつとして野菜スープが役立つと熊本大学名誉教授の前田浩教授が書かれていました。

前田教授はがん治療の専門家でノーベル賞候補にも挙がっている方です。

教授曰く、体内にウイルスや細菌が侵入してインフルエンザなどの感染症が起こるが、本体を死に至らしめるのはこの病原体の働きではなく、逆にこの病原体を倒そうと白血球が作り出した活性酸素のしわざだった、ということです。実験マウスはウイルスに感染したけれど、死んだとき、体内にウイルスは全く存在しなかったそうです。ウイルスを退治するため大量の活性酸素が肺にできて、それで肺炎が起こり死んでしまったそうです。ウイルスはあくまで引き金で、本当に怖いのは活性酸素であるようです。

では、活性酸素を中和させるにはどうするべきかというと野菜スープをとるのが良いそうです。野菜の中には抗酸化物質(ファイトケミカル)というものが含まれていて、これが活性酸素を中和し消去してくれるそうです。ただ抗酸化物質は生のままかじっても固くてなかなか摂取できないそうです。鍋に入れてグツグツ茹でてスープにするのが効果的だそうです。生野菜とスープでは、抗酸化物質の効力は10から100倍、強くなるようです。

また野菜スープには善玉菌を増やし免疫力を高める効果もあるそうです。腸内の善玉菌を整えて免疫力を上げつつ、抗酸化物質で活性酸素を中和する。ダブルの効果で野菜スープは感染症対策になるようです。

昨日、そう教えてもらったので、野菜スープを作ってみました。ちゃんとしたレシピのではなく自己流のんでしたが、おいしかったですよ。

DSC_0003tatunojyo.jpg


資料に使っている日本書紀が先日から行方不明。どこにいったのかな。変だなあ。

DSC_0008unryuin.jpg


1870年代の写真、バッファローの頭蓋骨を山のように積み上げてその上に立つアメリカ人。

「窓からバッファロー打ち放題」鉄道ツアーを開催し、意味なくバッファローを殺し続けた白人たち。

アメリカ大陸にもともと六千万頭いたというバッファローは白人たちが来たとたん瞬く間に激減し、千頭ほどにまでなったという。

現在は保護政策で少し回復したもののそれでも準絶滅危惧種になっている。

この世はすべてキリスト教徒のために作られたと考えていた近代白人たちの感覚がとても怖いと感じる今日この頃。

DSC_0007ushida.jpg

動物と仲良くしなきゃね。もー。写真は粒座神社の牛。


今日は相生にいます。夢酔庵はお休みです。

IMG_20191106_130702.jpg


頭を打ちました。硬いものではないけれど、思い切り打ったためかなんだか目の前がクラクラしています。

DSC_0032kameyama201911.jpg


12月になってしまいました。

気持ちは焦るけれど待たねばならぬこと、多いです。

DSC_0013.jpg


しんどい仕事は先延ばしにしてしまいます。なんとかして治さないといつも失敗してしまいます。

DSC_0012.jpg


人が忙しいときに暇な友達はちょっと困る。いや、けっこう困るけど、まあしゃあないのかな。

DSC_0017.jpg