タグ「souka」が付けられているもの

山寺(やまでら)行(おこな)ふ聖(ひじり)こそ、あはれに尊(たうと)きものはあれ行道引声(いんぜい)阿弥陀経、暁(あかつき)懺法(せんぼう)釈迦牟尼仏。

-- 梁塵秘抄 190 --

DSC_0015maayahoikuen.jpg


大峯(おほみね)行(おこな)ふ聖(ひじり)こそ、あはれに尊(たうと)きものはあれ、法華経誦する声(こゑ)はして、確(たしか)の正体まだ見えず。

-- 梁塵秘抄 189 --

DSC_0011kawanioriru.jpg


大峯(おほみね)聖(ひじり)を舟に乗せ、粉河(こがは)の聖(ひじり)を舳(へ)に立てて、聖宮(さうきう)聖(ひじり)に舵(かぢ)取らせて、や、乗せて渡さん常住仏性や、極楽へ。

-- 梁塵秘抄 188 --

DSC_0001gomaponyo.jpg


迦葉尊者の石の室、入(い)るにつけてぞ恥(はづ)かしき、縁執(えんしう)尽(つ)きざる身にしあれば、袂(たもと)に花こそ止(とま)るなれ。

-- 梁塵秘抄 187 --

DSC_0010sakosihana.jpg


迦葉尊者の打ちし鐘、聞(きこ)えぬ所(ところ)ぞ無(な)かりける、憍梵波提(けうぼんはだい)独(ひとり)こそ、定に入りては聞かざりし。

-- 梁塵秘抄 186 --

DSC_0019sakosiishidan.jpg


迦葉尊者のふる道に、竹の林ぞ生(お)いにける、功徳願の園(その)見れば、昔の庵(いほり)あはれなる。

-- 梁塵秘抄 185 --

DSC_0003gomachanakubi.jpg


迦葉尊者あはれなり、付嘱(ふぞく)の衣(ころも)を頂(いただ)きて、鶏足山(けいそくさん)にこもりゐて、龍華の暁(あかつき)待ちたまふ。

-- 梁塵秘抄 184 --

DSC_0006しろいはな.jpg


迦葉尊者の禅定は、鶏足山(けいそくさん)の雲(くも)の上(うへ)、春の霞(かすみ)し龍花会(りうかゑ)に、付嘱(ふぞく)の衣(ころも)を伝(つた)ふなり。

-- 梁塵秘抄 183 --

DSC_0013gomanobi.jpg


迦葉尊者の石の室(むろ)、祇園精舎の鐘の声、醍醐の山には仏法僧、鶏足山(けいそくさん)には法(のり)の声。

-- 梁塵秘抄 182 --

DSC_0009bara.jpg


迦葉尊者の裳(も)の裾(すそ)は、文殊の袂(たもと)にうちはぶき、大通王(つうわう)の佩(は)ける太刀(たち)、大慈の膝(ひざ)にぞ解(と)きかけし。

-- 梁塵秘抄 181 --

DSC_0004ばら.jpg