タグ「hohumonkwa」が付けられているもの

須彌の峯をば誰(たれ)か見し、法文聖教に説くぞかし、阿修羅王をば見たるかは、智者の語るを聞くぞかし。

-- 梁塵秘抄 050 --

IMG_20190704_120233.jpg


大集方等は秋の山、四教(しけう)の紅葉(もみぢ)はいろいろに、弾呵(たんが)法会(ほうゑ)は濃くうすく、随類(ずいるい)ごとにぞ染めてける。

-- 梁塵秘抄 049 --

IMG_20190704_133942.jpg


真言教のめでたさは、蓬窓宮殿(はうさうくでむ)隔(へだて)なし、君をも民をも押しなべて、大日如来と説いたまふ。

-- 梁塵秘抄 045 --

IMG_20190625_091512.jpg


眉の間の白毫の、一つの相を想ふつべし、須弥(すみ)の量(はかり)を尋(たづ)ぬれば、縦横八万由旬なり。

-- 梁塵秘抄 044 --

IMG_20190621_140917.jpg


眉の間の白毫は、五つの須弥(しみ)をぞ集めたる、眼の間の青蓮は、四大海(しだいかい)をぞ湛(たた)へたる。

-- 梁塵秘抄 043 --

IMG_20190620_154155.jpg


龍樹菩薩はあはれなり、南天竺(なんてんじく)の鉄塔を、扉(とぼそ)を開きて秘密教を、金剛(こむがう)薩埵(さた)に受けたまふ。

-- 梁塵秘抄 042 --

IMG_20190618_044320.jpg


南(なむ)天竺の鉄塔を、龍樹や大士の開かずば、まことの御法(みのり)を如何にして、末の世までぞ弘めまし。

-- 梁塵秘抄 041 --

IMG_20190616_052606.jpg


毎日恒沙(がうざ)の定(ぢやう)に入(い)り、三途の扉(とぼそ)を押しひらき、猛火の炎(ほのを)をかき分けて、地蔵のとこそ訪(と)ふたまへ。

-- 梁塵秘抄 040 --

IMG_20190609_133254.jpg


萬(よろづ)の仏の願よりも、千手の誓(ちかひ)ぞたのもしき、枯れたる草木も忽(たちま)ちに、花さき実なると説いたまふ。

-- 梁塵秘抄 039 --

IMG_20190613_160156[2].jpg


観音光(ひかり)を和(やはら)げて、六(むつ)の道(みち)をぞ塞(ふた)けたる、三界劫数わうつる人、やらじと思へる心にて。

-- 梁塵秘抄 038 --

IMG_20190612_110738.jpg


観音大悲は舟筏(ふねいかだ)、補陀落海(ふだらくかい)にぞうかべたる、善根もとむる人しあらば、乗せて渡さむ極楽へ。

-- 梁塵秘抄 037 --

IMG_20190611_083226.jpg


文殊(もんじゆ)はそもそも何人(なにひと)ぞ、三世の仏の母といます、十方如来諸法の師、皆これ文殊の力なり。

-- 梁塵秘抄 036 --

IMG_20190606_094340.jpg


普賢(ふげん)薩埵(さた)は朝日(あさひ)なり、釈迦は夜昼(よるひる)身を照らし、昔の契(ちぎり)しありければ、達多(たつた)は仏に成りにけり。

-- 梁塵秘抄 035 --

IMG_20190602_152925.jpg


瑠璃(るり)の浄土は潔(いさぎよ)し、月の光はさやかにて、像法転ずる末(すゑ)の世(よ)に、普(あまね)く照らせば底もなし。

-- 梁塵秘抄 034 --

IMG_20190602_152752.jpg


薬師(やくし)医王(いわう)の浄土をば、瑠璃の浄土と名づけたり、十二の船を重ね得て、我ら衆生を渡いたまへ。

-- 梁塵秘抄 033 --

IMG_20190602_152330.jpg


像法転じては、薬師の誓(ちかひ)ぞたのもしき、ひとたび御名(みな)を聴く人は、萬(よろづ)の病(やまひ)も無しとぞいふ。

-- 梁塵秘抄 032 --

IMG_20190507_122530.jpg


薬師(やくし)の十二の大願(たいぐわん)は、衆病悉除(しうびやうしつぢよ)ぞたのもしき、一経(いつきやう)其耳(ごに)はさておきつ、皆令満足すぐれたり。

-- 梁塵秘抄 031 --

IMG_20190525_062541.jpg


弥陀の誓(ちかひ)ぞたのもしき、十悪五逆の人なれど、一(ひと)たび御名(みな)を称(とな)ふれば、来迎(らいがう)引接(いんぜう)疑(うたが)はず。

-- 梁塵秘抄 030 --

IMG_20190420_095430.jpg


阿弥陀仏(ほとけ)の誓願(せいぐわん)ぞ、かへすがへすもたのもしき、一度(ひとたび)御名(みな)をとなふれば、仏に成るとぞ説いたまふ。

-- 梁塵秘抄 029 --

IMG_20190428_080230.jpg


弥陀(みだ)の御顔(みかを)は秋(あき)の月、青蓮の眼(まなこ)は夏(なつ)の池(いけ)、四十の歯(は)ぐきは冬の雪、三十二相春(はる)の花(はな)。

-- 梁塵秘抄 028 --

IMG_20190420_162039.jpg