タグ「chiyaukwa」が付けられているもの

そよ、むすぶ手のしづくに濁(にご)る山の井のあかでも人に別れぬるかな。

-- 梁塵秘抄 010 --

IMG_20190403_085944.jpg


そよ、大原や朧(おぼろ)の清水(しみづ)世にすまば又もあひみん面(おも)がはりすな。

-- 梁塵秘抄 009 --

IMG_20190406_111351.jpg


そよ、津の国の長柄(ながら)の橋も造るなりいまは我身を何にたとへん。

-- 梁塵秘抄 008 --

IMG_20190402_083033.jpg


そよ、神無月ふりみ降らずみ定(さだ)めなき時雨ぞ冬のはじめなりける。

-- 梁塵秘抄 007 --

IMG_20181113_145625.jpg


そよ、ほのぼのと有明の月の月かげに紅葉(もみぢ)吹おろす山おろしの風(かぜ)。

-- 梁塵秘抄 006 --

IMG_20181125_115502.jpg


そよ、秋きぬと目(め)にはさやかに見(み)えねども風の音(をと)にぞ驚(おどろ)かれぬる。

-- 梁塵秘抄 005 --

IMG_20181015_140932.jpg


そよ、我やどの池の藤浪(ふじなみ)さきにけり山ほととぎすいつか来(き)なかん。

-- 梁塵秘抄 004 --

IMG_20190326_155839.jpg


そよ、我やどの梅の立枝(たちえ)や見(み)えつらん思ひのほかに君が来ませる。

‐‐ 梁塵秘抄 003 --

IMG_20190224_090422.jpg


そよ、春立(た)つといふばかりにやみ吉野の山もかすみて今朝は見ゆらん。

-- 梁塵秘抄 002 --

IMG_20190324_075937.jpg


そよ、君が代は千代に一たびゐる塵の、白雲かかる山となるまで。

-- 梁塵秘抄 001 --

IMG_20190328_100230[1].jpg